オタクで海外交流

海外でもオタク活動。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外版コミックスを読む/番外

番外では鋼の錬金術師を
日本語版・VIS版・スキャンレーション翻訳版とならべて比べてみましょう。


【1】 「アル!アルフォンス!」
    [ ...AL ! ALPHONSE !! ALPHONSE !!]
   ★[ ...AL ! AL ! ALPHONSE !!]

【2】 「くそ! こんな事があってたまるか!」
    [ DAMN ! DAMN !!  HOW COULD THIS HAPPENED !?]
   ★[ DAMN IT ! HOW COULD THIS HAVE HAPPENED !?]

【3】 「こんな…こんなはずじゃ…」
    [ IT...IT WASN'T SUPPOSED TO BE LIKE THIS...]
   ★[ THIS...SHOULDN'T HAVE HAPPE-...]

【4】 「…畜生ォ」
    [ OH NO...]
   ★[ ...DAMN IT !]

【5】 「持って行かれた・・・・・・・・・・!!」
    [ HE'S GONE...!!]
   ★ [ I'VE LOST IT...!!]

【6】 痛みを伴わない教訓には意義がない
    TEACHINGS THAT DO NOT SPEAK OF PAIN HAVE NO MEANING...
   ★A PAINLESS LESSON IS WITHOUT ANY MEANING.

【7】 人は何かの犠牲なしに何も得る事などできないのだから
   ...BECAOUSE HUMANKIND CANNOT GAIN ANYTHING
   WITHOUT FIRST GIVING SOMETHING IN RETURN.

   ★ONE WHO DOSE NOT SACRIFICE
   ★ANYTHING CANNOT ACHIEVE ANYTHING.


日・英(2種)・独で一番大きな違いが出たのは
「持って行かれた」のセリフ部分です。

正規英語版では「彼は行ってしまった!」
英語スキャンレーション版では「俺は失くした!」
ドイツ語版では「俺の足が無くなった!」

1つの状況に対して様々なセリフ翻訳がされています。

英語ネイティブではない私にとってはスキャン版の
I'VE LOST IT...!! が一番しっくり来る気がします。
絵に描かれていない弟の説明をせず
自分の足だけを説明するのでもなく
持っていたもの、弟を失った。
俺は足を失った。

しかしダブルミーニングである「持って行かれた!」は
どちらかというと「理不尽に」「予想外に」という背景が感じられて
「盗まれた!」と訳するのが納得かも…?
でもそれではあからさま過ぎるかもしれないし…
翻訳は正確に訳するより、短く雰囲気を壊さずに訳するのが
難しいのでしょう。

ココ以外の翻訳は
日本語に忠実に訳してて英語としておかしいらしい。

格言翻訳を直訳するならこんな感じ??
「無痛のレッスン(=教訓・経験)は意義なしだ」
「誰かの犠牲なしには、何かは何かを勝ち取れない」

サクリファイス…懐かしい単語だ…。(超・星矢世代発言)

言葉って言い換えが可能なんだな、と面白く感じます。
自然でも不自然でも面白い。
作者が選んだ日本語マンガの日本語セリフを
日本語で別のセリフに直すといった事はなかなかしないし
外国語に自力で翻訳する事もできないので
既に翻訳されている言葉がどれだけ日本語に近いのか遠いのか
言葉の意味だけで別の単語を選ぶ作業を眺めるのは
面白いですね。
スポンサーサイト

≪ mangakaというURL  | ホーム | 

Comment

ハガレン好きです!

ハガレンや日本の人気のある漫画は図書館にあるので、借りてみてます♪
ハガレンの他は犬夜叉、ピーチガール、フルバ、カレカノ、アトム、火の鳥
オカルト系の色んな漫画とにかくいっぱいあります!

この前のコメントの質問に答えますね。
韓国の漫画も日本と同じような扱いで英訳されて綴じられています。
韓国の漫画すごいですよ!
たぶん日本の作家さん達の絵の良いとこ取りみたいなんで
ものすごくクオリティが高いです。
というか、パクリのレベルですね・・・ 有名作家さん達の絵そのまんまですから(汗
(話はぜんぜん面白くないと思います。)
しかも日本みたいにシリアス場面から3頭身ギャグ顔に変身とかお決まりにあります。

中国の漫画はドラえもん等のコロコロコミック系統の絵が多いですね。
欧米系だとゴルゴ13みたいな劇画タッチが多いです。

ピーチガール!人気ですねー。
知人の知人ドイツ人女性はアメリカ留学中にピーチガールにはまったそうです。
アニメ化されてないオタク系でない少女マンガも強いんですね。
(日本の講談社インターナショナルでもピーチガールのバイリンガル版出してますよ)

擬音(オノマトペ)の特徴などに気をつけて読むと海外版は面白いかもです。
元の書体と大きく違ったり、擬音ではなく動詞使ってたり。

こういったマンガからも国民性やお国柄がわかるのかもしれませんね~。

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。